母校で講演。


懐かしき学びやの
母校、岡山市西大寺中学校にて
講演す。


西大寺中学校を訪ねるのは
創立30周年の
S52年以来。
私たちの時代を残すものは
今や体育館のみとなっている。
校舎もプールも近代的に新しくなっており
過ぎ去り日を感じる。

梶原校長先生は
私よりも二つ若い。
新しい校舎を案内してくれたのは
現在3年D組を担当する中居先生。

(私も3Dだったなー。)

この空気感は
無心に青春を謳歌した
懐かしき
そして輝かしき10代がよみがえらせる。



講演はタイトルは「可能性の扉」
保護者の他
一般の方とも合わせて200人。

1

 

 

 

 

 

 

ーー有限の命、無限の可能性ーー

自分に問うように
自分に言いかせるように
2時間の時を過ごした。

生徒さんが代表して
書いた
歓迎の墨字には
ぐっと込み上げるものがあり…

改めて郷土の…母校の…温かさを感じた。

2 3

1 件のコメント

  • せっちゃん より:

    悦子さん、お疲れ様でした!私もお邪魔しました。卒業以来36年ぶりに…私が中3ののとき悦子いらっしゃったのを覚えてます…ありがとう♪私も体育館のみが…母校は、変わったけどいつまでも西大寺中学校は、故郷です。又帰ってきてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)