膝のこと。そして、ごめんなさい…


膝のこと。


私は19歳の時、
右膝の内側靭帯  及び  前十字靭帯を
断裂してしまうという大怪我を
テレビドラマの
撮影中に追ってしまいました。
当時
私の主演映画の
撮影も同時に行われており
病院からは
手術と入院を勧められたのですが
映画の上映日が既に決っており
そのまま、1週間の安静期間のあと
撮影を続行しました。

まだ
テーピングが世の中に無い時代でしたから
自転車のタイヤの中にあるチューブを平たく長く切って
それを ひざにぐるぐる巻き付けて
撮影をしたのは
忘れられません…

若さとは
今、思えば
無謀で凄まじいことでした…
 

膝の痛みと、
ぐらぐらになった不安定な膝と
闘いながらも、
それからの12年の
現役生活を無事に
突っ走って来れたことは感慨です。

仕事を辞めてからは
膝に負担を、かけることもなく
マラソンも走れたのですから
私の膝はホントに
強靭な膝だったんだと思います。


 昨年
膝関節の変形が著しいことが気になり、
専門機関で診てもらったところ
膝関節内部の
軟骨摩耗と
頸骨の変形を指摘され
改めて
長年頑張っていた右膝の悪化を痛切に感じた次第です。
そして決心し、
右頸骨 骨切り手術と骨棘の切除を行いました。


東京ドームの仕事は、昨年より
すでに決っていたので
そこに立つことを目標にリハビリをしました。


30分の花生けを
沢山の方に観てもらえ、
無事に終えることが出来、
その
安堵と達成感は
言葉ではいい表せないです。


今日は
少し歩くことから
始めました。
ゆっくりゆっくり
立ち上げます。

もっと早くに手当てをしてたら良かったのかもしれませんが
私はこの膝に
40年間ほんとに よく
頑張ってくれたなと思ってます。

今年も
4月に日航ホテル東京での
春のワークショップのお話しがあり、
それも
お引き受けしていたのですが、
今回、
このようなことになり
まずは
身体を治すことに
専念しないといけないと痛切に感じました。


4月のことを
楽しみにしてくださったかた、
毎回参加してくださるかた、
ほんとに
申し訳ありません…

今年は富士に向かう年ですので
次回お会いできるのが
秋以降になるかもしれません…


また1日も早く
お花を届けられるように
頑張りたいと思います。

いつも応援してくださってるみなさんへ

よろしくお願いいたします。





27 件のコメント

  • tadakazu より:

    無理せず自分のペースで、焦らずゆっくり

  • 伊藤恵子 より:

    悦子さん、頑張って下さい

  • AKIKO より:

    ☆悦子さん☆
    気になさらないで、今は40年頑張ってくれた膝をいたわりながら、焦らずゆっくり治療に、リハビリに専念して下さい。私が体調崩し、何がなんでも悦子さんのワークショップに行きたかったのを断念し、主人一人が出席させて頂いた時、Tシャツに『早く元気になって 愛を込めて』のお言葉とサインに涙しました!本当に本当に嬉しくて・

  • AKIKO より:

    『花は力なり』と悦子さんの言うとおり、お花からは沢山のパワー頂きますが、悦子さんの優しい優しい笑顔も、私には大きな大きなパワーになります♪自分を死ぬまで支えてくれる身体、臓器、ひとつひとつを大事にして、またその大きなパワーになる悦子さんの笑顔を見せて下さい!
    待ってます☆(*^^*)☆
    悦子さんの生き方、考え方、行動、全てが私にとっては憧れで尊敬致します!
    大好きです~(笑)
    静岡の勝亦より
    間違えて、コメントが二つに分かれてしまいました(笑)

  • 永子 より:

    悦子さん♪
    「焦ってみても始まらぬ〜
    人生のんびり生きてやる〜♪」
    デスやん♪
    悦子さんがしっかりと大地を踏みしめ歩ける日まで、待ってマス!
    それが秋になろうと、来年の春になろうとも。
    悦子さん、大丈夫デス!心配しないで。謝らないで。信じてマス♪大好きデス!!なんの矛盾もない!!!
    (⊹^◡^)ノo.♡゚。*

  • 杉山恵里子 より:

    悦子さん、無理をしないでゆっくり行きましょう
    今は、休んでねって、膝が教えてくれているのですから…

  • 君栄 より:

    悦子さんの心中を思うと涙が止まりません。
    いつも前向きにつぱしっている姿に私はエネルギーをもらい。悦子さんの生き方に勇気をもらってきました。でもそれ以上に膝のことはずっと心配してました。年齢に9がつく歳は気をつけなさい!とむかし祖母に言われました。私自身その歳回りは体調を崩したり色々な問題をかかえていました。ゆっくり時間をかけて膝を治してください。どれだけの時間がかかろうが悦子さんを応援しつづけます。毎日仏さまに読経の中悦子さんの膝が良くなることを祈っております。リハビリ辛いでしょうが頑張って下さい。

  • 川崎晃輔 より:

    悦子さん、今は仕事の事より、膝のリハビリでしっかりと完治に
    向けて頑張って下さいね。我々の時代はテーピングがあり、厳しいJACのトレーニングも怪我をした時も便利な時代でした。
    40年間、頑張って悦子さんを支えてくれて膝を今は1番に、
    大切に思い、一日も早い回復と元気な悦子さんが見られる事を
    心から祈っています。今度、お会い出来る時はジャンプが出来る悦子さんをみとうございます。沢山の方々からの応援のエールが私共にも届いています。決して諦めない悦子さんの事ですから、早期回復を信じています。押忍

  • いちファンのK より:

    少し緊張しながらブログ開きました。
    膝の手術をするとお聞きしてましたし、膝については前から少し気になってました。
    過去にあるマラソンのホームページのえっちゃんコーナーで拝読しましたが、読んで痛々しく、当時しっかり治してほしかった、なんて思いました。
    でもその時は分からないって事ありますよね。
    ちょうど40年、その膝と付き合ってきたわけですから今まで頑張ってくれた膝を十分にいたわって下さい。
    お仕事キャンセルせず責任感の強いえっちゃんですが、
    無理は禁物です。
    謝る事はありません。
    まずはお体第一にお過ごし下さい。
    何も出来ませんが、順調に回復されますよう願いお祈りしていますp(^-^)q

  • より:

    スプレーカーネーション☝️
    次の日から、生けてますよ!

    今度会えるの楽しみにしてます!
    私もこれから、接骨院で簡単筋トレいって来まーす

  • yayoi より:

    カッコいいお姿の裏には怪我という大変なご苦労があったのですね‥
    ゆっくりゆっくり回復していって下さい。
    悦子さんの笑顔にまたどこかでお会い出来ることを楽しみに待っています。

  • ハッシー より:

    悦子さ~ん!

    伝わりました!
    もう充分伝わってます。

    何も気にしないで
    今は膝を治して・・・

    いつでも応援してる・・・・

  • 鉢之助 より:

    まさかこんなに大変な状況とは知らず、昨日は軽々しいコメントを書いてしまい、申し訳ありませんでしたm(__)m

    ちょっと膝を痛めたのかな・・・くらいに思っていたので、ここまでの大きな爆弾を膝に抱えていらっしゃるとは想像もしていませんでした。

    ちょっとケアして治るような簡単なものではありませんよね。
    本当に心配ですが、決して無理はせず、今は膝を治す事だけに「一意専心」してくださいね。

    お力になれず歯がゆいですが、いつも応援してますので、「明日は今日よりちょっと良くなる」の精神で一歩一歩進んでいきましょうm(__)m

  • 塩田啓子 より:

    膝のケガのこと。
    古くからのファンなら、知っている方も多いかと思います。

    その方たちはきっと、今回4月のワークショップは確かに残念だけど、治療に専念されることに『良かった』と思われているのではないでしょうか。

    40年頑張ってくれた膝に、40年分の有給休暇をあげても、誰も文句言わずに待っていると思います。

    ご自愛ください。

  • 小路和子 より:

    悦子さんは、やっぱり私の憧れの女性です♪いつまでも待ってます♪

  • 西間木 より:

    まずはゆっくり休んで、膝を治して下さい。

    またワークショップに参加できる日を楽しみにしています。

  • とも より:

    悦子さん、大丈夫!全部わかりました。だから、今は治療に専念ですよ。頑張ってる人に頑張れ!と言うのは好きじゃないから、「頑張ってる人に、頑張らなくていいよ」と言いたいです。花だって冬の間は休んでまた温かくなって来たら綺麗に咲く。悦子さんはずっときれいにずっと咲き続けてきたんだから、少し休みましょう。早く治りたいーーーー!って思わないで、大事な身体にお水をたっぷりあげてくださいね。Love you.

  • 生稲 勇 より:

    悦子さんが自転車のチューブを巻きながら、爆発する斜面を駆け下りるシーンを、リアルタイムで見ていた世代です。
    膝の話はその後も何度か出ていましたが、マラソンなどもやられていたので、もうすっかり良くなったものと思い込んでいました。ワークショップでご一緒したときにも、そんな様子を微塵も感じさせていませんでしたから。
    まずは、ゆっくり休んでください。膝だけではなく、他の体の部位や、心や、いろんなところに休養をプレゼントしてあげてください。
    苦しい中でのワークショップより、笑顔いっぱいのワークショップの方が、参加していても楽しいです。
    いつになったとしても、次回参加します。

  • sakurajima_eiko2004 より:

    1年前 和歌山で教えていただいたものです
    あの時はすごく楽しく過ごさせていただきありがとう
    御座いました
    その時 悦子さんの足 心配してました
    自分も若い時の怪我 無理してきていて 
    心配していた通りのこと 起きていたのですね
    無理をせず 頑張ってください
    私も 剛さんの歌で 考え方 生き方 自分なりに
    考え直すことができ 少しずつ 頑張ること出来ました
    富士山も行きます なので 焦らず
     ゆっくり治してください 

  • よっち より:

    幼いころからずっとたくさんの幸せをいただいてきました。そして東京ドームでは私の代わりに行った母に感動と幸せをいただきました。心から感謝しています。

    身体の辛さはもちろん、それ以上に心が苦しいと思います。読んでる私も感動してしまう皆さんのメッセージが少しでも心の負担を軽くすることにつながり、リハビリを進めることができるように祈っています。

    優しい笑顔で戻ってこられるまでいくらでも待ちます。ずっと大好きです。お大事にしてください。

  • 芯優 より:

    悦子さん、お疲れ様ですm(__)m
    何回も読み返しました。
    悦子さんの仕事に対する並ではないmyselfに感動しましたし…精一杯に自分を生かしてこられてる姿にやっぱり尊敬しかないと思いました。
    一日も早く回復されますように祈っていますm(__)m

  • 深幸 より:

    悦子さぁ~ん
    膝の具合がヨクなるまで
    みんな待ってくれます。
    悦子さんのコトが
    大好きだから(♡˙︶˙♡)
    絶対 無理しないで下さいねッ!!

  • 大石 佳奈 より:

    悦子さん
    落ち着いてメッセージを…と思っているうちに
    永子とともちゃんに伝えたい事ぜーんぶ伝えてもらっちゃってました笑

    悦子さんが動けず悔しい間…私がその分汗かきます
    だからしばらくは頑張ることを我慢
    頑張らない事を頑張る時です‼︎笑
    私からも同じ言葉を…
    心配しないで。謝らないで。信じてマス♪大好きデス!!なんの矛盾もない!!!☆‐(●≧▽)人(▽≦●)‐☆

  • 赤がラッキーHiro より:

    身体に生かされてる僕ら人間、でも怪我や病気をしないと生かされてるって事を忘れがちですよね。労わることも本当に大切です。僕も心筋梗塞してからは身体を大事にしています。今はゆっくり身体を休ませてあげてください。またお会いできる日を楽しみにしています。

  • みどり より:

    悦ちゃん、お願いです。ごめんなさいって言わないで、申し訳ないなんて思わないで下さい。
    そして今は、御自身の事だけを考えて下さい。

    ワークショップがないこと、 お目にかかれないこと、それは…正直とっても淋しいです。
    でも、悦ちゃんにはもう絶対に無理をしてもらいたくありません。
    悦ちゃんのお身体が第一ですから…。
    皆さんもコメントされている通り、あまり頑張り過ぎないで下さいね。今はゆっくり、ゆっくりです。

    悦ちゃんのお身体の痛さ、辛さが少しでも和らぎますよう、祈ってます。

    今までたくさんありがとうございます。そしてこれからも…どうぞよろしくお願いします!

  • 本藤佳世 より:

    悦ちゃんの膝が治って次回のワークショップのストレッチがパワーアップするのが楽しみです。
    お花は美しいだけじゃないですよね。生命力と癒やしなど与えてくれますよね。
    リハビリで辛い毎日だと思いますが今こそお花のパワーを貰って下さい。
    生花なら香りも癒やしてくれますし。
    私の家のリビングは粘土で作ったお花がたくさんあります。粘土でも色や形で癒されてるくらいですから(笑)
    フレ~フレ~えっっちゃんo(^-^)o♪

  • 中尾洋子 より:

    お大事にしてくださいね!
    3月は富士ロゼ行きます。ロックオンも!
    また悦子さんにお会い出来ることを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
記事の内容にそぐわないコメントやプライベートに関わるコメントなどは掲載をご遠慮させていただく場合がございます。何卒ご了承くださいませ(ブログ運営事務局)