懸命に賢明に。

 

 

人には寿命というものがあり、

 

生き物にはすべてに寿命があり、

 

そして、我々の棲む地球にも

寿命があるのだと思います。

 

 

いつかは

終わりがあり、

終わりのないものは

この世には存在しなくて

 

でも、

信念、意思、思い、

魂…

 

そういうものは確実に

受け継がれていき、

それらは、

ながれる水のように続いていくものです。

 

悲しみは深く

そのこころが癒えることは

ないかもしれないけど、

その思いを紡いで

遺した大事なものを繋いで

魂をこころのなかに

宿して

人は

生きていくのですね。

 

それが生きるものの宿命であり

 

生きる意味でもあるのです。

 

 

志し半ばでの旅立ちは

 

言葉にはできないほどの無念ですが、

 

懸命に賢明に生きた姿は

 

永遠に人の心にきざまれます。

 

 

それは

間違いなく…

 

 

 

 

28 件のコメント

  • ハピエル1106☆静岡県民 より:

    まさに懸命に賢明に咲き誇った感じですね

    love&fight で駆け抜けて行った真央さん

    安らかに・・・見守り下さい。

    • ハピエル1106☆静岡県民 より:

      今月頭に 実父が肝細胞ガン
      半ばに 野際ママ 肺腺ガン
      そして真央さん 乳ガン で旅立ってしまいました。

      1日1日悔いなく生命いっぱい吸って
      笑顔満点で過ごしていかねば…って思いました。

  • 三重 社会人になった うっち より:

    今日の海老蔵さんのInstagramを見て悲しくなりました

    娘と息子さんにがんばってほしいです。応援したいです

  • 藤岡英二 より:

    愛しい人との別れ、辛いでしょう。もう二度と見れない笑顔、もう二度と聞けない声、もう二度と感じれない、感触、もう二度と…離したくないのに。

  • 最年少瑛二のママ より:

    一緒にいるのが当たり前になり
    些細な事で喧嘩したり
    言い合ったり

    顔も見たくないと思う日も…

    でも、先に逝かれてしまったら…とおもったら…

    考えられません…

    どうか、残されたお子さん達そして、海老蔵さんに幸あれ…人生一度きりだから…懸命に生きぬく

  • NOHA-2 より:

    自分のおじさんも癌で亡くなりました。鼻の奥に癌が出来て亡くなりました。その後娘さんに子供が生まれました。生まれ代わりで女の子でした。よく泣きます。可愛いです。

  • かよ より:

    病に隠れずに生きると決意された後にBBCに寄稿された文章が胸に響きます。
    自分の代表は病気ではないのだから可哀想にと思われたくない、色どり豊かな人生なんだと。
    可愛らしくて笑顔が素敵なだけでなく、心に真っ直ぐな強い信念を持つ女性。

  • NOHA-2 より:

    結婚した時は、お袋と親父と義理母と義理父居ました。今は、三人になりました。義理父は、病気で亡くなりました。今は、長生きして下さい。

  • 池 佳優 より:

    昨年夏より、在宅で、ひとりで、認知症の父をみております。父76歳、私(一人息子)46歳です。
    毎日毎日が闘いです。
    麻央さんの生きざまに励まされてきました。もちろん、これからも。
    麻央さんほど、強くはなれませんが、何とか父に寄り添って行きたいと思います。
    麻央さん、ありがとう。ゆっくり休んで下さい。
    そして、ご家族をお守りください。

  • 池 佳優 より:

    麻央さんのお名前を間違えました。
    二通目のコメントを承認していただければと思います。
    大変失礼致しました。

  • あみ より:

    野に揺れるマーガレットは、麻央さんのブログのトップページと同じですね。これからはこの花を見るたび、麻央さんを思い出しますね。

    「私の人生は、病気になったことよりも、愛する人に出会い、2人の宝物を授かり、色どり豊かな人生だから可哀想と思わないでほしい」と願った麻央さんの言葉と、
    痛みに耐え、最後の最後まで愛を忘れず懸命に、立派に闘い抜いた姿は、ご家族の生きる力になっているのかもしれません。
    今は痛みも苦しみもないのだと思うと少し救われます。
    麻央さんの命は、これからもずっとご家族の心の中で共に生き、優しい灯火を燃やし続けてほしいです。

  • さゆり より:

    いつかこの世から旅立つ時が来る。

    悦子さんのエッセイよんでいたら
    身近にいる大切な人はもちろん
    同じ時代に生きている皆が愛おしく感じました。

  • 長渕ファミリーファン より:

    いつか誰しも命が終わる時が来ます。
    しかし魂、心は生き続けるでしょう。
    お子さんたちはお母さんの魂に見守られて立派に成長するでしょうね。

  • シーサイドハウス 3911 より:

    懸命、賢明に生きた女

    いつまでもKOKOROに。

    れいかちゃん、かんげんくん応援します

  • yuki より:

    悦子さんのブログを読んでまた涙・・・・

    麻央さんの生き方・・・
    子供達の成長も・・・
    でもず~~~と心の中にいますね。

    海老蔵さんもお疲れが出ませんようにと願います。

  • NEVER-CHANGE より:

    命の尊さ

    平和なこの国でこの時代に生を受けて
    感謝しかないですね。

    それでも、まだまだ病には勝てないこともある。
    必死に そう賢明に戦っているにも拘らず、、、
    それが、寿命と言われればそれまでなのかも知れない。

    人の幸せは、生きた年月で計られるのか?それとも、生き抜いた内容なのか?生き様は人それぞれ。きっと正解はないのでしょうね。

    ただ、生きたくても生きられなかった無念さは、今、生きてる我々がしっかり受け止め、後世に引き継いでいけると良いですね。

    こうしてる今もそうですが、闘病中の方や治安の良くない国の方々も、明日への希望がみえるそんな世の中であって欲しい。

    そして、やっぱり、みんなが1日でも長く生き続けられるように願ってやみません。

  • より:

    元気の種。勇気の種。笑顔の種。
    愛の種。幸せの種。命の種。
    いっぱい撒かれたかと、いっぱい植えられたかと‥

    海老蔵さん、二人のお子様とどうぞ彩り豊かな花を咲かせてくださいませ。


    心より 合掌

  • Mr紫だから柴じゃないってば! より:

    なんか不思議な感じがしました。お会いしたのは1日だったけど、とても重要な時でした。あちらにするか、こちらにするか、大詰めでしたね。そこに、一瞬でも共有できたのだから、複雑な心境です。人はいつしか必ず、灰になる!
    それは、誰もが決して避けられない道しるべ!それを思うと、人は、なぜ!命を授けられるのか?
    生きるためは、ウソになる!命が始まった時、人生の
    「時限爆弾」のスイッチが入るんだと思う!
    だからこそ、人は、命を、身体を粗末にしてはならない!
    悔いなく生きようぞ!親から授かった、たった一度の人生を!

  • keiyan より:

    こんばんは、言いたいことはたくさんあり、悲しいとか色々あるけれども、麻央さんは、短い人生だったけれど
    も、好きな人と結婚し、2人の子供を授かり凄く、濃いい人生、そして不幸ではなく幸せな人生だったと、わたしは、思います。
    そして、麻央さんは素晴らしい2人の命をこの世に残してくれました、それは、本当に素晴らしことだとおもいます。
    これから、子供たちは寂しい思いをするとは思いますが、素晴らしい母に生まれたことに、誇りを持って人生歩んでいってほしいですね。

  • 廣美 より:

    力の限り、最後まで懸命に賢明に生ききった姿は
    きっとこれから先、どんな時でも海老蔵さん家族の
    勇気になってくれると思います。
    ずっとずっと繋がって行くと思います。

    二人のお子さんと海老蔵さんを応援していきたいと
    思います。

  • keiyan より:

    あっ忘れていました😳
    悦子さん、悲しい気持ちわかりますよ、凄く、でも今‼️まさに今‼️
    貴方がお腹を痛めて産んだ子供達は、素晴らしいライブと舞台に挑んでいます、その2人のライブを見に来るためにだけにですよ、ブラジル🇧🇷から、今日WATARU 君のライブの1時間前に着いて、会えたと写真を送って来てくれました。
    その人も、私も、他のファンの人も皆、悦子が間違えなく産んだ子供たちが、私たちに生きる喜びを与えてくれています。
    だから、悦子さんは気を落とさず、自身と誇りを持ってできればですが、長〜い人生を歩んでくださいね。
    これから、もし孫が生まれたら、今では想像のつかないほどの感動や経験が待ってますからね👍
    まだまだ、人生長いですよ〜‼️

  • 八子茂樹 より:

    まさしくその通りですね
    人の心にきざまれる

    私もそうでした。

    名もない小さな花なれど命あるかぎり咲かせましょう♪

  • しろくま会秘書 より:

    こんなに 皆様に愛された 真央さん
    本当に最後の最後まで頑張り抜いたと思います。
    子供達の事 本当にこころ残りだったでしょう
    前向きに 前向きに生き抜きましたよね

    どれだけ 一生懸命 生きたのか 生き抜いたのか
    年齢は若いとしても 真央さんは 年の倍以上の頑張りで生き抜いたと思います。
    私には出来るかな と 考えると 真央さんに拍手です。
    誰もが皆 涙される女性 尊敬です

  • 青柳奈穂美 より:

    私が20才の時に母(40才)で悪性リンパ腫(ガン)で他界してしまった😢20才でも母が居ないと言うことに戸惑ってしまったに真央さんのお子さんは⁉と考えると辛くなる。でも2人にはママの分も生きてほしい

  • いちファンのK より:

    亡くなった方から教わること、多いでしょうね。
    両親は健在ですが、最近はいつかは…と思い、これが最後になるかもしれないなんて思ったり。
    永遠って言葉、素敵ですが、永遠なものってないんですね。

  • ぽう より:

    こんにちは。志穂美悦子さん。やはり、人、生き物には寿命があるのですね。私にも今まで、お世話になった人と別れがありました。人は、亡くなる事はない。いつか、ふっと現れて話が出来ると信じていました。これからも変わらないと思います。しかし、現実から逃げていました。私にも、いつかは、終わりが訪れる。これからの人生は、どうなるか私には分かりません。しかし、精一杯、懸命に生きなければ。泥臭くてもあきらめず、私の心の中にあるつぼみを開く為に、がんばらんばいかんですね。結果を恐れてはいけませんね。そして、お世話になった人たちの強い想いと魂を受け継いでいかなければなりません。私も心の中に、大切なものを刻み生きていきます。悦子さん。人生の話をして頂きありがとうございました。

  • 河瀬 より:

    良い人ほど短命なのは、早々にこの世での魂の修行を終えるからだと聞いたことがあります。

    逆に長生きな人は、まだまだこの世で修行をしなければいけない未熟な人。

    あの世は本当の天国で、こちらが地獄(修行場)なので、若くして亡くなるのは悲しいことではなく、優等生で早々と修行を卒業したってことなんですね。

    残された者は、そこから学びを得て、また成長していく。

    輪廻転生について深く学んでいくと、人が亡くなることは悲しいことではないんだと気付かされます。

    次に再会する時は、成長した自分を見てもらえるように、頑張らないといけないですよね。

  • ハッシー より:

    人に物にも寿命のあることは分かっていても
    やはり存在が無くなるのは悲しいですね。
    でもその想いを繋げる、KOKOROに刻むことで
    生き続けるのも確かですね。
    そんな風に送ってあげたいです。
    病気がその人の全部ではないのですものね。
    教わることがたくさんありました。
    お心残りはたくさんあったでしょう。
    でも今は安らかにおやすみください。
    私も昨年、実父と義母を見送りました。
    これで夫婦の両親はみな天国にいます。
    見守っていてくれていることでしょう。
    改めて・・・
    合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
記事の内容にそぐわないコメントやプライベートに関わるコメントなどは掲載をご遠慮させていただく場合がございます。何卒ご了承くださいませ(ブログ運営事務局)