続き。

岡山は″晴れの国″と言われて来たのです。

それが、、

このお宅の2階の木壁の色が変わっているところがおわかりになりますか。堤防決壊による浸水はここまで押し寄せたと言うことです。

3日3晩 降り続いた雨は壊れるはずのない堤防を破壊し、真備町すべてを飲み込みました。

 


 

市役所で河田副市長さんから

田んぼにはまだまだたくさんの車や家財が撤去出来ないで残っているとお聞きし

そして、その実情も まざまざと目にしました。

堤防決壊に近い家屋の斜めになった無惨な姿や、2階部分が1階に見えるほどぺちゃんこに押し潰された姿からもその凄まじさを実感したのです。

 








 

今回いろいろと案内してくださったボランティア連絡協議会 会長の 土屋 瞳さんも被災されたお一人です。、、、土屋さんの泥水に浸水されたそのおうちの床板はその姿をとどめておらず、そこは上からも地面が透けて見え、昨日まで温かく家族の団らんを作り上げていたおうちが一夜にしてその幸せを剥がされていった光景に胸が締め付けられる思いでした。

しかしその庭には泥の中から

キュウリが育っていました。柿も泥だらけの中から大きな実をつけていました。トマトも泥をかぶりながらも新たな緑の実をつけていました。

 



 

 

丸2日

泥水に浸かっていても実をつけるキュウリ、、土屋さんもわたしたちもみんなで感動したのです。



柿も、、


 

トマトも、、


生き残っていた庭の池の鯉も、



隣の猫ちゃんも、


 

その命はたくましい、、

 

 

 

12 件のコメント

  • 生稲 勇 より:

    命はたくましい
    でも、ギリギリの中で生きているたくましさかもしれません。
    悦ちゃんが載せてくれた写真から
    命のたくましさと同時に自然災害の恐ろしさが伝わりました。
    キュウリやトマトが希望となり
    ふるさとが復興することを祈ります。
    私たちにできることはありますか?

  • FUKIKO より:

    悦子さん
    泥だらけの中に、生き残っている命。
    自然の力は怖いけど、生き残る力もすごいと思う。


    改めて自分も西日本に住む身、自分に出来る事を考えさせてくれた悦子さんのブログでした。
    頑張ろう西日本!!!

  • 小野隆雄 より:

    悦子さん、お疲れ様です。

    真備町に行かれたんですね。
    僕も、微力ながら再来週、呉に伺う予定でいます。

    仲間とともに、泥出し、行きます。

  • TAKAKO より:

    おはようございます!

    私の住んでいる町でもあの日の豪雨で土砂崩れした場所が、手付かずのままやブルーシートで覆われているままの所が多数あり、横を通る度に少し怖い思いがします。
    ハウスの中にも雨が流れこみ、根が痛んで花が咲かないのでは?と心配しましたが、また真っ直ぐな綺麗なトルコギキョウが咲いてくれました。

    いつのどんな時も花が人の心に寄り添うように丹精込めて作りたいと思っています(^_^)v

  • 力ちゃん より:

    おはようございます☁️

    大丈夫ですか😢まだまだ時間が掛かりそうですね😵

    ピアノが泣いてます😢

    みんな、頑張ってますね❗人も、動物も、植物逹も…👊✨

  • 小路和子 より:

    おはようございます♪
    悦子さんお疲れ様です。そしてありがとうございます。生まれ育った岡山がこんな風になり、気持ちは飛んでいきたいと思いながら行動に移すごとができず、、
    今朝は、実家の母から「台風大丈夫?」ほんとは、私からかけないといけないのに、「朝の忙しい時にごめんね〜大丈夫だったらええから切るね〜」と数十秒でしたが母に感謝!又、機会があれば母と悦子さんのフラワーショップに参加したいと思います♪

  • さきこ より:

    悦子さん。ファイナルが終えたばかりのところ被災地を訪ねられてるとのことで本当に頭が下がります。野菜や花たちも懸命に生きようとしているんですね。日常を過ごせることにもっともっと感謝をし不満やぐちを言わないでいなければいけないと自分にい聞かせます。皆さんのもとに笑顔が少しでも増えます様に。

  • 最年少瑛二のママ より:

    テレビで見ておりましたが、本当に現実はもっと悲惨で胸が痛みます…
    ウチの中学生の娘もピアノを習っていて、よくピアノの練習をしていますが、きっとこのピアノも誰かが、毎日の様に弾いて大切にしていたのかもと思うと…胸が締めつけられます…流されてしまった一つ一つが…きっと…想い出と大切な品に違いありませんよね

    その中でも懸命に生きる者(植物
    )たち…切なく…そして、力強く‼️

    人間に強く生きる事を教えてくれているのかもしれませんね!

    西日本、負けんじゃねーぞ!
    共に生きる事をがんばろう‼️

  • 倉敷の坂本KR より:

    悦子さん、倉敷市真備町に来ていただきありがとうございました。被災された方も励みになった事と思います。

    私の住む場所から車で15分程の場所が一夜にして別世界となってしまいました。
    その後台風が二つもやってきたのですが、二次被害もなくホッとしております。

    真備町の避難所に入りきれず、他の町の避難所にも避難されている方も大勢いらっしゃいます。

    これから復興に向け、まだまだ沢山の支援が必要になると思います。テレビで報道されなくなると、支援も減っていくとは思いますが、一人一人が出来るときに出来る事をしていかないといけないと思っています。

  • カラス より:

    押忍👊
    宮城のトムソーヤです👍

    悦ちゃん!
    故郷 岡山県に帰ってたんですね🌻
    ニュースで見る映像とは違う視点の写真で、まだまだ復興していない現状を知り、生き物がたくましく生きている姿に希望を感じました。

    負けるな!西日本
    東日本と共に前へ 💪🇯🇵👍

    ps.僕個人も岡山のトムソーヤと共に希望に向かって、突っ走って行きます🚂🌻🌻🌻

  • ハッシー より:

    ほんとに凄い光景ーー
    これが現実なんですね・・・
    自然のたくましさーー
    感じました。
    写真が凄くいいです!
    伝わります!!

  • いちファンのK より:

    東北の震災時もですが、逆境にめげず育つ生き物から、力もらえますね。簡単には言えませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)