「回天」のこと。


大和ミュージアムには
「回天」に乗った
二十歳の青年の最期の
肉声が
録音されていて


その言葉の重さ、
その言葉の選び方、
その言葉の美しさ、
その言葉の切なさ、
その言葉の力強さ

先祖の血を受け継ぎ、未來の平和の為に
命を捧げる

若き青年兵士の魂は
ここで
永遠に
伝えられるものになり


死んでなお、
命の尊さ、
平和の大切さを
語り続けていた


これが
死しても
尚、命なんだね


「死の力」は
永遠に息づく…

4

4 件のコメント

  • 川崎晃輔 より:

    こんにちは、悦子さん。

    戦争の悲惨を物語ってますね。

    死に行く若者が、最後に思った事、見た物は己には分からない

    世界だったのでしょう。

    演者として、役ではやった事はありますが所詮は作り物ですから
    。戦争は二度としてはなりませをね。

  • ハッシー より:

    悦子さん!

    死にゆく若者の最後の肉声・・・

    思っただけで涙が出ます。

    子を持つ親もそうでないすべての人々にも
    訴えかける鬼気迫るものですね!

    誰の何のためでも、死にゆくものを
    送りだすなんて絶対できません!!!

    戦争を知らない世代ですが、
    戦争は絶対にイヤ!!です。

  • 長渕ファミリーファン より:

    色々考えさせられますね。

  • かな より:

    私も聞いたことがあります。とても切なくなり、そして尊敬と感謝の気持ちがうまれます
    戦争はどこの国でも起きてほしくないですね
    この日本も周辺国には狙われていますから牽制の意味も込めて国力、防衛力共に上げていって欲しいと思います。
    自衛隊の方々に今日も感謝です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
記事の内容にそぐわないコメントやプライベートに関わるコメントなどは掲載をご遠慮させていただく場合がございます。何卒ご了承くださいませ(ブログ運営事務局)